ReVisionモビリティサミット2023 プログラム

モビリティサミット
ホームへ戻る

ご登録はこちら

セッション構成

午前セッション:まちと人の移動、その未来のあり方をデザインする

午後セッション:多様なモビリティと持続可能な収益モデルをデザインする

※タイムテーブルや講演内容等は多少変更になる可能性があります


8:45 受付
9:30 ReVision Auto&Mobility挨拶
午前セッション:まちと人の移動、その未来のあり方をデザインする
9:35

講演 <25分>

「これからのモビリティと街のリ・デザインのためのイノベーションについて考える」

  • 自動運転など新たなモビリティや公共交通の在り方などを視野に入れた街づくりや、欧米や国内の最新動向を紹介し、技術・暮らし・移動を融合させた街づくり・モビリティへのアプローチを示す

倉田 剛 氏
KPMGモビリティ研究所
KPMGジャパン 運輸・物流・ホテル・観光セクターリーダー
KPMGコンサルティング株式会社 ビジネスイノベーションユニット プリンシパル

10:00

講演 <25分>

「欧州における、人と多様なモビリティと住みやすい空間を調和させたまちづくりビジョンから学ぶ」

  • 欧州の都市では、歩行者や公共交通、小型モビリティなどを組み合わせ、その街に合った交通や街の未来像をどう描いているのか。フランスのパリやナント、ラロシェルなど大・小都市のコンセプトや現在進行形の取組みから学ぶ

三重野 真代氏
東京大学
公共政策大学院交通・観光政策研究ユニット 特任准教授/
一般財団法人運輸総合研究所
客員研究員

10:25

講演 <25分>

「多様な知能化モビリティを活用した移動と暮らしの進化」

  • 少子高齢化、カーボンニュートラルなどのさまざま社会課題に対応するため、人々の移動と暮らしは100年に一度の大変革をもとめられている。その中、Hondaは4輪車で培った自動化技術と安全技術をAIなどの知能化技術を融合させた協調人工知能CI(Cooperative Intellignece)による多様な知能化モビリティの研究、および、それらを用いたまちづくりの可能性を模索している。本講演ではその新たな取り組みについて紹介する

安井 裕司 氏
株式会社本田技術研究所
先進技術研究所 知能化領域
エグゼクティブチーフエンジニア

10:50 コーヒーブレイク および参加者交流 <20分>
11:10

講演 <25分>

「地域や都市の脱炭素化に向けた、人やクルマの移動データの活用可能性」

  • スマホアプリなどを経由して蓄積される個人の移動ログを交通手段(徒歩、車、電車など)に変換するとともに、町の人流を見える化し、脱炭素まちづくりに向けた政策立案への活用可能性について事例紹介(富山市、加古川市)を行う

黒部 一隆 氏
環境省
環境再生・資源循環局 総務課 政策企画官/
移動データを活用した脱炭素まちづくりタスクフォース リーダー

11:35

パネルディスカッション <50分>

「多様なモビリティと街づくり、その未来のあり方をデザインするには」

  • さまざまな地域で、その街に合ったモビリティと未来の姿を生み出し、ビジョンを共有するには、どのような方法論や取組みが有効なのか、議論する

<モデレータ>:
倉田 剛 氏
KPMGモビリティ研究所
KPMGジャパン 運輸・物流・ホテル・観光セクターリーダー
KPMGコンサルティング株式会社 ビジネスイノベーションユニット プリンシパル

三重野 真代氏
東京大学
公共政策大学院交通・観光政策研究ユニット 特任准教授/
一般財団法人運輸総合研究所
客員研究員

安井 裕司 氏
株式会社本田技術研究所
先進技術研究所 知能化領域
エグゼクティブチーフエンジニア

黒部 一隆 氏
環境省
環境再生・資源循環局 総務課 政策企画官/
移動データを活用した脱炭素まちづくりタスクフォース リーダー

12:25

ランチブレイク および参加者交流 <60分>

※会場参加者にはお弁当をお出しし、交流スペースでコーヒーなどを提供いたします

午後セッション:多様なモビリティと持続可能な収益モデルをデザインする
13:25

講演 <25分>

「鉄道会社の取組みから学ぶ:MaaSと多様な移動手段が地域にもたらす価値とは」

  • 鉄道の大規模輸送の強みと、地域における多様なモビリティの連動は価値と魅力をどう高めるのか。MaaSアプリやDXなど様々な実証実験から見えてくる、未来のモビリティの姿を考える

西村 潤也 氏
小田急電鉄株式会社
経営戦略部 次世代モビリティチーム
統括リーダー

13:50

講演 <25分>

「AIオンデマンド交通の現在地からえがく、豊かで利便性の高い地域のあり方」

  • 進化するAIオンデマンドバスは、住民のどのような課題を解決し、地域に何をもたらすのか。「MyRideのるる」など最新の取組み事例を紹介しつつ、豊かな地域社会に必要なモビリティのあり方とそのビジネスモデルを探る

浅井 康太 氏
株式会社みちのりホールディングス
ディレクター

14:15

講演 <25分>

「小型モビリティや地域のモビリティエコシステムが拓く持続可能な社会の未来像」

  • 車両の新たな活用、小型電動車両など、地域ごとに多様なモビリティ・エコシステムの広がりが見られる中で、従来になかった移動と人の暮らしの新たな関係性を探る

※自動車メーカーなどからの講師を予定しています

14:40

講演 <25分>

「クルマや人の移動データをどう生かしていくか:価値の高い体験やまちづくりへ向けて」

  • 移動に関するデータを活用することで、交通の効率化、まちづくり、さらにはユーザーが対価を支払ってもよいと思える体験・サービスづくりにどうつなげていけるか、アプローチとアイデアを示す

※交通テクノロジー企業から講師を予定しています

15:05 コーヒーブレイク および参加者交流 <25分>
15:30

講演 <25分>

「地域の脱炭素化と利便性向上へ、EV・エネルギー・地域社会の連携を図る」

  • EVを活用したエネルギーマネジメントやカーシェア、地域社会と連動したサービスなど福島県浪江町での取組み事例を中心に、今後の事業化ビジョンも含め、将来の脱炭素化と利便性の高い社会のあり方を提示する

池添 圭吾 氏
日産自動車株式会社
総合研究所 EVシステム研究所
主管研究員

15:55

講演 <25分>

「モビリティビジネスを進める上での自動運転やMaaSの法的課題を探る」

  • 2023年4月からの自動運転レベル4解禁により、各地域で無人自動運転移動サービスなどのモビリティサービス導入が見込まれる中で、サービスインに必要な許可、安全基準や事故時の責任など、ビジネスを進める上で踏まえておくべき点を整理・概説する

佐藤 典仁 氏
森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士

16:20

パネルディスカッション <60分>

「持続可能なモビリティ社会を築くため、収益モデルをどうデザインすべきか」

  • 運賃・会費収入や地元店舗への送客、広告モデル、不動産価値向上、自治体からの支援など、住民の利便性と共に、各地域に合った収益モデルをどのようにデザインすべきか考える

<モデレータ>:
井口 耕一 氏
KPMGモビリティ研究所
KPMGジャパン グローバルストラテジーグループ統括パートナー
株式会社 KPMG FAS 執行役員 パートナー 自動車セクターリーダー

西村 潤也 氏
小田急電鉄株式会社
経営戦略部 次世代モビリティチーム
統括リーダー

浅井 康太 氏
株式会社みちのりホールディングス
ディレクター

池添 圭吾 氏
日産自動車株式会社
総合研究所 EVシステム研究所
主管研究員

※交通テクノロジー企業などからのパネリストを予定しています

17:20

ネットワーキングパーティ・懇親会・名刺交換 <90分>

※アルコールやソフトドリンク、軽食を提供いたします

18:50 終了