第6回ReVisionモビリティサミット プログラム

モビリティサミット
ホームへ戻る

ご登録はこちら

セッション構成

第1日 ― モビリティの未来への道筋を見極める ―

Section 1: カーボンニュートラルへの道筋と企業としての選択

Section 2: グローバル動向から捉えるモビリティの未来像

Section 3: テクノロジーの掛け合わせが生む新たなビジネスの可能性

第2日 ― 社会実装とオープンイノベーションへ向けて ―

Section 4: 商用車や物流システムが変える社会と暮らしの中のモビリティ

Section 5: MaaSと地域のモビリティを社会実装するチャレンジ

Section 6: スタートアップとの連動・オープンイノベーションへ

※講演者や詳細内容は更新・調整中です

第1日(3月2日):
― モビリティの未来への道筋を見極める ―
8:30 受付
9:15 ReVision Auto&Mobility挨拶
Section 1: “カーボンニュートラルへの道筋と企業としての選択“
9:20

基調講演 <15分>

「カーボンニュートラルへ取り組む上で、いま何をすべきか」

  • 政府や自動車業界の取組みを俯瞰し、日本の各企業が技術や強みをどう生かしていくべきかを提言する

清水 和夫氏
国際自動車ジャーナリスト/
神奈川工科大学 運動性能担当 特別客員教授/
SIP-adus構成委員、RoadtoL4プロジェクト推進委員

9:35

基調講演 <25分>

「2020年代の自動車産業: 上空・低空・地上の3層モデルからCASE進化、CO2削減への道筋をえがく」

  • CASE各領域において、上空(サイバー)、低空(サイバーフィジカル)、地上(フィジカル)の3層が複雑に影響を与える時代となった。産業進化分析を基に、自動車産業の進化を止めず、同時に自動車の走行や製造からの二酸化炭素発生をいかに早く減らしていくか、実行への指針を提言する

藤本 隆宏氏
早稲田大学 教授(ビジネス・ファイナンス研究センター上級研究員)/
東京大学 名誉教授/
一般社団法人ものづくり改善ネットワーク 代表理事

10:00

基調講演 <25分>

「脱炭素化・電動化への取組みのなかでPHEVの持つ魅力と技術的な価値とは」

  • 日本・世界のカーボンニュートラルを目指す上で自動車メーカーが電動化へ取り組む意義と、なかでもプラグインハイブリッド車(PHEV)が持つ魅力やその技術的バックグボーン、電動車普及へのインパクトについて語る

白河 暁氏
三菱自動車工業株式会社
執行役員 EV・パワートレイン技術開発本部長

10:25

基調講演 <20分>

「カーボンニュートラル戦略がもたらすビジネス・インパクトを見極める」

  • バッテリー技術進化、電動車両の低価格化、インフラ整備、蓄電ビジネスなど様々な要素が、商用車・社用車などディマンドサイドの動向と連動し、どのように自動車産業各社のビジネスに影響を与えるかを読み解く

大森 真也氏
株式会社住商アビーム自動車総合研究所
代表取締役社長

10:45 コーヒーブレイク および参加者交流 <20分>
11:05

パネルディスカッション <50分>

「カーボンニュートラルへの各市場・各企業のビジネス最適解を探る」

  • グローバル各地域の特性、今後の進化のスピードを考慮し、関連企業に求められる取組みを考え、意見を交わす

<座長・モデレータ>

清水 和夫氏
国際自動車ジャーナリスト/
神奈川工科大学 運動性能担当 特別客員教授/
SIP-adus構成委員、RoadtoL4プロジェクト推進委員

藤本 隆宏氏
早稲田大学 教授(ビジネス・ファイナンス研究センター上級研究員)/
東京大学 名誉教授/
一般社団法人ものづくり改善ネットワーク 代表理事

白河 暁氏
三菱自動車工業株式会社
執行役員 EV・パワートレイン技術開発本部長

大森 真也氏
株式会社住商アビーム自動車総合研究所
代表取締役社長

11:55

基調講演 <25分>

「IT・クラウド技術を使ったデータ可視化が導く脱炭素への道筋」

  • クロスインダストリーで脱炭素化を進める上での課題について触れ、車両や部品の開発・製造・管理プロセスで脱炭素化をデータドリブンで行うためのアプローチ、そのためのサービス「Microsoft Cloud for Sustainability」などを紹介する

上野 貴文氏
日本マイクロソフト株式会社
モビリティサービス営業統括本部
インダストリーアドバイザー

12:20

ランチブレイク および参加者交流 <65分>

※会場参加者にはお弁当をご準備いたします

Section 2: “グローバル動向から捉えるモビリティの未来像”
13:25

複数人による講演&パネルディスカッション <60分>

「欧米における変化の最新トレンド」

  • いま欧米のモビリティ・サービスやコネクテッドカー・エコシステムにどのような変化が起こり、自動車・モビリティ関連プレーヤーはどのような戦略で挑もうとしているのか学ぶ

<講演者・座長・モデレータ>

Roger C. Lanctot氏
Strategy Analytics
Director, Automotive Connected Mobility

その他のスピーカー:欧米モビリティ関連企業の方を複数人予定しています

14:25

複数人による講演&パネルディスカッション <50分>

「中国のモビリティ最前線からのケーススタディ」

  • モビリティサービスや自動運転など、中国における注目企業からモビリティを取り巻く変化と各企業による最新の取組みを聞き、中国事情を掘り下げる

<講演者・座長・モデレータ>

田島 惠介氏
ダイナミックマップ基盤株式会社
第2事業部 マネージャー

<講演者・パネリスト (オンライン・ライブ出演)>

王 淼氏(Wang, Miao氏)
百度(Baidu, Inc.)
知能運転事業グループ
エコシステム パートナー ダイレクタ

劉 東氏(Liu, Dong氏)
百度(Baidu, Inc.)
知能運転事業グループ
グローバル マーケティング パートナー マネージャー

15:15 コーヒーブレイク および参加者交流 <25分>
Section 3: “テクノロジーの掛け合わせが生む新たなビジネスの可能性”
15:40

講演 <20分>

「デジタル・サービスとコネクティビティの調和を図る、エリクソンの取組み」

  • 変化するモビリティ領域において、クルマをより柔軟に、スマートフォン同様に最新のものにアップデートしたい、といったエンドユーザーの期待や、シームレスな通信環境への要求にどのように応えるかを紹介する

花俣 エルギュン氏
エリクソン・ジャパン株式会社
グローバルエンタープライズ営業部門 セールスダイレクター

16:00

講演 <20分>

「モビリティの製造と物流にインパクトを与えるデジタルツインの潮流 ~実際の活用事例やデモから解説する~」

  • 欧・米・中の工場やサプライチェーン高度化へ急速に活用が広がるデジタルツイン・シミュレーションの潮流や現状の課題を、米国テスラのデジタルファクトリー事例、生産の効率化と柔軟性の実現、カーボンニュートラル・オフセットクレジットとの連携などに触れながら解説。実際に現場で活用されているゼネテックのFlexSimシミュレーションをデモを交えて紹介する

横田 貴史氏
株式会社ゼネテック
DX事業本部 デジタルインテリジェンス開発部

16:20

講演 <20分>

「車載テクノロジーの進化がユーザーとモビリティに与えるインパクト」

  • コネクティビティや運転支援技術、車載ITテクノロジーなどクルマの進化がモビリティ全体へ与える影響を測る

部品メーカー or テクノロジー企業の方を予定しています

16:40

パネルディスカッション <50分>

「テクノロジーの組み合わせは、どのようなモビリティ・ビジネスを導くのか」

  • モビリティ動向の変化に合わせて、どのような技術を組み合わせればビジネス機会を生み出すことができるのか議論する

花俣 エルギュン氏
エリクソン・ジャパン株式会社
グローバルエンタープライズ営業部門 セールスダイレクター

柏山 正守氏
株式会社ゼネテック
DX事業本部 執行役本部長

その他のパネリスト:テクノロジー企業や部品メーカーの方を予定しています

17:30

懇親会および名刺交換 <90分>

19:00 1日目終了
第2日(3月3日):
― 社会実装とオープンイノベーションへ向けて ―
8:30 受付
Section 4: “商用車や物流システムが変える社会と暮らしの中のモビリティ”
9:15

講演 <20分>

「物流と商用車における課題と社会・モビリティの関係」

  • 現在の物流網が抱える課題や商用車の変革へのチャレンジを視野に、社会全体のモビリティをどうアップデートするべきか問題提起する

コンサルティング企業の方を予定しています

9:35

講演 <25分>

「商用車に関わる協調領域・競争領域の進化と、今後の社会システム維持へ向けた必要な取組みとは(仮)」

  • 商用車のデータ連携基盤の取組み、脱炭素化へ向けたEV・FCVの活用への協力など、協調領域・競争領域における取組みの現在地点を紹介し、物流網と社会生活の維持と進化に必要な、多様な業種による連携の必要性について語る

小川 博氏
日野自動車株式会社
技監/
日本自動車工業会
大型車委員会大型車技術部会 部会長

10:00

講演 <25分>

「小型商用EVがもたらすインパクト」

  • ラストワンマイルへの導入が進もうとしている小型EV車両は物流やクルマづくり、充電インフラ、流通のあり方や街をどのように変えていくのかを示す

EVメーカーや物流関連企業の方などを予定しています

10:25

講演 <25分>

「物流のデジタル化や脱炭素化がもたらす変化」

  • デジタル活用やEV車両の導入など物流会社の取組みが流通の仕組みや街のあり方、ライフスタイルをどのように変えていくのかを示す

物流企業やインフラ、IT関連企業の方などを予定

10:50 コーヒーブレイク および参加者交流 <20分>
11:10

講演 <20分>

「エコシステムづくりへのモビリティ・データや位置情報等の活用」

  • さまざまな交通・移動データ、地図ソリューション、データプラットフォームなど現在活用できる最新テクノロジーの見取図を紹介する

自動車メーカー or テクノロジー企業の方などを予定しています

11:30

パネルディスカッション <50分>

「物流システムやモビリティ・インフラの変革はライフスタイルと暮らしをどう変えるのか」

  • 商用車や社会システム、モビリティの全体最適が生む未来のモビリティや都市・地方の姿を議論を通して描く

小川 博氏
日野自動車株式会社
技監/
日本自動車工業会
大型車委員会大型車技術部会 部会長

パネリスト:午前中の講師の方々を予定しています

12:20

ランチブレイク および参加者交流 <60分>

※会場参加者にはお弁当をご準備いたします

Section 5: “MaaSと地域のモビリティを社会実装するチャレンジ“
13:20

講演 <20分>

「地域社会で持続可能なモビリティ・サービスを生み出す上で必要な取組み」

  • クルマや鉄道、バス、オンデマンド交通、自動運転車など地域のモビリティを連動させ、持続的で住民に有益なサービスを生み出すため、収益モデルのあり方やデータ標準化など、これから必要なアプローチを捉える

日高 洋祐氏
株式会社MaaS Tech Japan
代表取締役

13:40

講演 <20分>

「Maasを生かした未来のまちづくり」

  • 住みやすいまちづくりを実現し、エリア全体の価値を高めるために、デベロッパーとしてMaaSをどのように活用していくのか、実証実験などの事例とともに考察する

門川 正徳氏
三井不動産株式会社
ビジネスイノベーション推進部 主事

14:00

講演 <20分>

「地域の移動をリデザインする ―小山市におけるモビリティ・マネジメントの取組みから」

  • 小山市のモビリティ課題やコミュニティバス「おーバス」を軸とした公共交通活性化への取組みを紹介し、住民ニーズに合った将来のMaaSの形、コミュニティとの連動、仕組みやテクノロジー活用のあり方などを探る

淺見 知秀氏
小山市
都市整備部 技監

14:20

パネルディスカッション <45分>

「モビリティサービス持続化へのチャレンジにどう向き合うか」

  • 過去事例などからビジネス構築への課題を引き出し、モビリティを地域ニーズに合った、持続可能なものにするための取組みについて考える

<座長・モデレータ>

日高 洋祐氏
株式会社MaaS Tech Japan
代表取締役

清水 宏之氏
日本マイクロソフト株式会社
モビリティサービス営業統括本部 インダストリーアドバイザー

門川 正徳氏
三井不動産株式会社
ビジネスイノベーション推進部 主事

淺見 知秀氏
小山市
都市整備部 技監

15:05

コーヒーブレイク <25分>

Section 6: “スタートアップとの連動・オープンイノベーションへ”
15:30

講演 <20分>

「いまスタートアップへ注目が集まる理由とモビリティ業界変革の要因」

  • 最近のスタートアップ投資増加の理由や大企業と異なる感覚、成長への考え方などをひも解きながら、モビリティ領域の変革がどのような領域・外部要因から起こってきているか、アクセラレーターとして視点を提示する

江原 伸悟氏
Plug and Play Japan株式会社
Mobility
Co-Founder, Director

15:50

ショートピッチ&ディスカッション <70分>

「モビリティ領域のスタートアップから聞く」

  • スタートアップ企業の着眼点や課題意識、技術力を学ぶとともに、業界・社会としてオープン・イノベーションをどう起こしていくべきかを議論する

<座長・モデレータ>

江原 伸悟氏
Plug and Play Japan株式会社
Mobility
Co-Founder, Director

その他のスピーカー:スタートアップ企業の方4社を予定しています

17:00 終了