第5回ReVisionモビリティサミット 登壇者一覧

モビリティサミット ホームへ戻る

ご登録はこちら

プログラム登壇順

清水 和夫氏

清水 和夫氏

自動車ジャーナリスト

Read More

<略歴>
1954年、東京生まれ。武蔵工業大学電子通信工学科卒。1972年のラリーデビュー以来国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして活躍を始める。 自動車の運動理論や安全性能を専門とするが、環境問題、都市交通問題についても精通している。日本放送出版協会『クルマ安全学のすすめ』『ITSの思想』『燃料電池とは何か』、ダイヤモンド社『ディーゼルこそが地球を救う』など著書多数。

<現在の役職>
内閣府 SIP 自動走行システム推進委員会 構成員、経済産業省・国土交通省合同主宰 自動走行ビジネス検討会 委員、国土交通省車両安全対策委員、NEXCO東日本 道路懇談委員、HFCV用容器検討委員

<所属機関>
日本自動車ジャーナリスト協会、日本交通医学工学研究会、日本科学技術ジャーナリスト会議 会員(JASTJ)。日本自動車研究所(JARI)客員研究員

池田 幸洋氏

池田 幸洋氏

トヨタ自動車株式会社
先進技術統括部
安全技術企画G 主査

Read More

<略歴>
1992年トヨタ自動車入社。
シャシー設計部にて、ABSアクチュエータの設計に従事後、初代G-BOOK(現在のT-Connect)の企画・開発を担当し2002年に製品化。
続いて、ナビゲーションを予防安全に活用するナビ協調システムの開発を担当し、2008年に製品化。2009年から4年間欧州トヨタに赴任し、ナビゲーションの現地開発や、予防安全システムのベンチマークやトヨタ車の現地適合評価等を指揮。
2013年に帰任後から安全技術の企画・渉外・訴求業務を担当し、現在に至る。

杉本 洋一氏

杉本 洋一氏

株式会社本田技術研究所
先進技術研究所部
知能化領域 兼 AD/ADAS研究開発室
エグゼクティブチーフエンジニア

Honda

Read More

<略歴>
1986年、(株)本田技術研究所入社。栃木研究所第6研究ブロックに配属、ABSに関する研究開発に従事。以来、主にブレーキ制御技術の研究開発に携わり、電子制御制動力配分システム(EBD)を実用化。その後、予防安全/運転支援技術の研究に従事、世界初の追突軽減ブレーキ(CMBS)の実用化に携わる。
2012年4月、Honda R&D Americasに赴任、ITS領域の先行研究を担当。
2015年10月、四輪R&Dセンターに帰任、上席研究員として予防安全/運転支援/自動運転領域の戦略を担当。
2016年 4月より、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 自動走行システム サブPD(Program Director)を務める。

野辺 継男氏

野辺 継男氏

インテル株式会社
デジタルインフラストラクチャー チーフサービスアーキテクト
ダイレクタ
名古屋大学 客員准教授

Read More

<略歴>
早稲田大学理工学部応用物理学科卒。1983年、日本電気に入社し、パソコン海外事業、国内製品技術、及びソリューション事業関連で各種プロジェクトを立ち上げ。1988年、ハーバード大学ビジネススクールMBAアルミナイ、ハーバード大学院PIRPフェロー。2000年、日本電気退職後、オンラインゲーム会社を含む複数ベンチャーを立ち上げ、CEOを歴任。2004年に日産自動車入社し、ビークル・インフォメーションテクノロジー事業本部を立ち上げ、プログラムダイレクター兼チーフサービスアーキテクトとして、コネクテッドカーやIoTの開発をリード。2012年、インテル株式会社に入社し、戦略企画室オートモーティブユニットや政策・事業開発推進本部にてチーフ・アドバンストサービス・アーキテクト&ダイレクターを務める傍ら、2014年から名古屋大学客員准教授を兼務。

萩原 一彦氏

萩原 一彦氏

株式会社デンソー
ソフトウェア生産革新部
担当次長

Read More

<略歴>
(株)デンソーにて、POS用ワークステーション、バーコードハンディ端末、車載ECUのハードウェア、ソフトウェア開発、車載プラットフォームのシステム開発からビジネス開発アカデミー運営等を歴任。産業技術総合研究所デザインスクール諮問委員、VDA Automotive SPICE Principal Assessor、日本SPICEネットワーク副代表。

長沼 直樹氏

長沼 直樹氏

日産自動車株式会社
カスタマーパフォーマンス&第一車両実験部
商品性エキスパートリーダー

Nissan

Read More

<略歴>
88年入社。騒音振動実験エンジニアとしてスカイライン、シルビア等の加速サウンドのチューニング、GT-Rの先行開発に従事した後06年ドイツに赴任しニュルブルグリンクでのGT-R開発をサポート。09年イギリス拠点にてキャシュカイ開発従事後11年に帰任。マーケティング部門にて全商品の魅力性能、競争力バリデーションを担当。16年R&Dに復帰し商品目標の設定、評価責任者を経て17年から現職。世界各拠点の評価部隊を取りまとめ、市場ニーズを商品性能へ反映している。

船田 学氏

船田 学氏

株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門
都市・モビリティ デザイングループ 部長

日本総研

Read More

<略歴>
日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門において交通事業者のコンサルティングに従事。
2020年度より、新たなに組織された都市・モビリティデザイングループの部長に就任し、交通事業者、デベロッパー、自治体等に対して、MaaS,CASE、スマートシティ関連の計画策定から社会実装までを支援。
早稲田大学理工学術院非常勤講師も務める。

大隅 英貴氏

大隅 英貴氏

株式会社日立製作所
ライフ事業統括本部
デジタルフロント事業本部
事業部長

Hitachi

Read More

<略歴>
東北大学大学院工学研究科修了後、1996年株式会社日立製作所 大みか事業所入社。運行管理システムや鉄道輸送管理システムの開発を担当。2006年サンダーバード国際経営大学院 (米国)にてMBA(経営学修士)取得後、日立コンサルティング(米国)やアーバンソリューションビジネスユニットにてビジネスソリューション事業立ち上げに従事。2019年4月よりデジタルを活用したライフソリューション事業を推進。電気学会会員。技術士(情報工学)取得。

大森 真也氏

大森 真也氏

株式会社住商アビーム自動車総合研究所
代表取締役社長

住商アビーム自動車総合研究所

Read More

<略歴>
• 住友商事自動車事業本部にて主に自動車・部品製造関係のビジネスに従事。自動車部品輸出、自動車工場建設プロジェクト、海外進出支援案件、自動車・自動車部品製造事業化案件、等、多数に従事。
• 海外駐在は、インド(ニューデリー)、イラン(テヘラン)、メキシコ(モンテレー、メキシコ)。
• 住友商事傘下、自動車部品メーカーへの出向経験あり。
• 2013年6月 住商アビーム自動車総合研究所の取締役副社長に就任。
• 2014年5月 住商アビーム自動車総合研究所の代表取締役社長に就任。