第5回ReVisionモビリティサミット プログラム

第5回サミット ホームへ戻る

ご登録はこちら

セッション構成

第1日 ― 新しい視点からCASEの進化を捉え直す ―

Section 1: 自動車業界が見据える未来

Section 2: 国内外の市場とCASE進化の最新動向

Section 3: クルマとモビリティの進化へカギを握る技術と戦略

第2日 ― スマートシティと地域・物流におけるMaaSの可能性を探る ―

Section 4: これからのスマートシティとテクノロジー活用のあり方

Section 5: 地域のモビリティニーズにどう応えるか

Section 6: 物流×MaaSがもたらすビジネス変革

※講演者、詳細内容は更新・調整中です


第1日(3月10日):
― 新しい視点からCASEの進化を捉え直す ―
8:30 受付
9:15 ReVision Auto&Mobility挨拶
Section 1: “自動車業界が見据える未来“
9:20

基調講演 <20分>

「自動車メーカーはCASEの進化と社会の変化にどう向き合うのか」

  • 大きな社会変化の中で、CASE技術の進化をどう生かし、これからの時代に何を実現すべきかを提言する

清水 和夫氏
自動車ジャーナリスト

9:35

基調講演+対談 <25分+15分>

「ビッグデータを活用した車両安全技術開発 ~急アクセル時加速抑制機能~」

  • ペダル踏み間違い事故や通常走行でのドライバの運転操作データなどのビッグデータを元に開発した急アクセル時加速抑制機能の紹介と、今後のビッグデータを活用した車両安全技術開発の可能性を示す

池田 幸洋氏
トヨタ自動車株式会社
先進技術統括部 安全技術企画G 主査

清水 和夫氏
自動車ジャーナリスト

10:15 コーヒーブレイク および参加者交流 <20分>
10:35

基調講演+対談 <25分+15分>

「自動運転レベル3の意義と技術進化がもたらす未来」

  • 自動運転レベル3を搭載した「レジェンド」市販の意義と、それを実現した技術を紹介し、クルマの安全と技術進化、新たな価値創造へ向けたホンダの意思とビジョンを示す

杉本 洋一氏
株式会社本田技術研究所 先進技術研究所
知能化領域 兼 AD/ADAS研究開発室 エグゼクティブチーフエンジニア

清水 和夫氏
自動車ジャーナリスト

11:15

基調講演+質疑 <25分>

「車載OSとビークルコンピュータのあり方」

  • CASEの進化とクルマのE/Eアーキテクチャの発展によって、OS、ソフトウェア、車載半導体の役割はどう変わっていくのか、その概要を捉える

講師:テクノロジー企業の方を予定しています

11:40

基調講演+質疑 <25分>

「コネクテッドカーがもたらす変革」

  • コネクテッドカーにおいて5Gなど通信や車載技術がもたらす影響を理解し、安全性やサービス向上などにもたらす幅広い可能性を知る

講師:通信関連企業の方を予定しています

12:05

ランチブレイク および参加者交流 <65分>

※会場参加者にはお弁当をご準備いたします

Section 2: “国内外の市場とCASE進化の最新動向”
13:10

講演+質疑 <30分>

「米国、欧州、中国などグローバル主要プレーヤーの動きから見えてくる将来動向」

  • 何が今、自動車産業に変革をもたらしているのか?気候温暖化、再生可能エネルギー、バッテリー、電気自動車(EV)、自動運転、ESG投資など、様々な事象の本質を捉え、今後の国内外の市場動向をひも解く

野辺 継男氏
インテル株式会社
デジタルインフラストラクチャー チーフサービスアーキテクト ダイレクタ
兼) 名古屋大学 客員准教授

13:40

講演 <25分>

「デンソーが進める自動車産業を取り巻く変化に対するアプローチ」

  • 車がモビリティサービスの一部となり、MaaSやコネクティビティを活用した新たなサービスが生まれる中で、サプライヤー企業は今、何に注力すべきか。ソフトウェア・ファーストへの取組みも含めて、現在のアプローチを紹介す

萩原 一彦氏
株式会社デンソー
ソフトウェア生産革新部 担当次長

14:05

講演 <30分>

「車を取り巻くセキュリティとOTAの最新動向」

  • クルマのセキュリティとOTA(Over-the-Air)を含むソフトウェアアップデートを巡る世界的な法規制、日本発の規格化の動き、自動車メーカーによる技術の実用化への取組みなど最新動向について

山﨑 雅史氏
マツダ株式会社
MDI & IT本部 主査

14:35 コーヒーブレイク および参加者交流 <25分>
Section 3: “クルマとモビリティの進化へカギを握る技術と戦略”
15:00

講演 <20分>

「次世代のクルマとモビリティのUXのあり方」

  • 車内のユーザーエクスペリエンス(UX)やMaaSにおけるUXはどのように進展するのか、UXとHMI領域の最新アプローチを知る

講師:テクノロジー企業の方を予定しています

15:20

講演 <20分>

「データプラットフォームの波及力」

  • 位置情報や地図、クルマに関わるデータをオープン・プラットフォームによって使いやすくすることで、モビリティ各領域にもたらされるベネフィットについて学ぶ

講師:位置情報サービス企業の方を予定しています

15:40

講演 <20分>

「進化するクルマのデジタル化を支えるキー・テクノロジー」

  • クルマとその開発の進化に、デジタル・トランスフォーメーション(DX)は何を与えるのか、最新テクノロジーに関する情報を得る

講師:部品メーカー or テクノロジー企業の方を予定しています

16:00

パネルディスカッション <60分>

「クルマとモビリティの進化にカギを握る技術と戦略とは」

  • 車両の技術や移動のデータ活用における課題を掘り下げ、より魅力的なクルマやサービスを生み、持続的に稼ぎ続ける方法について議論する

長沼 直樹氏
日産自動車株式会社
カスタマーパフォーマンス&第一車両実験部 商品性エキスパートリーダー

山﨑 雅史氏
マツダ株式会社
MDI & IT本部 主査

萩原 一彦氏
株式会社デンソー
ソフトウェア生産革新部 担当次長

その他のパネリスト:テクノロジー企業の方などを予定しています

17:00

懇親会および名刺交換 <50分>

17:50 終了
第2日(3月11日):
― スマートシティと地域・物流におけるMaaSの可能性を探る ―
8:30 受付
Section 4: “これからのスマートシティとテクノロジー活用のあり方”
9:15

オープニングトーク <10分>

「モビリティとまちづくりの進化への未来図をえがく」

  • MaaS、コネクテッドカーや自動運転を含むCASE、スマートシティ(スーパーシティ)をめぐる国内外の取組みを俯瞰し、将来の進化の方向性を概説する

船田 学氏
株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門 都市・モビリティ デザイングループ 部長

9:25

基調講演+質疑 <25分>

「スマートシティ×コネクテッドカーの創り出す未来(仮)」

  • デジタル技術とコネクティビティを活用したスマートシティの未来像を提示し、データの信頼性・安全性のために必要な取り組みを示す

中野 洋樹氏
株式会社日立製作所
ライフ事業統括本部 デジタルフロント事業部 デジタルスマートシティー本部 本部長

9:50

基調講演+質疑 <25分>

「移動の快適性とエネルギーの効率化を兼ね備えた社会ビジョン」

  • 車両位置や交通情報、車載バッテリーや家庭の電力に関するデータを連動させ、移動とエネルギーの効果的な連動のあり方を考える

講師:自動車メーカーの方を予定しています

10:15

基調講演+質疑 <25分>

「新たなモビリティを生かした未来のまちづくり」

  • まちづくりのビジョンのなかで、MaaSによる移動サービスやパーソナルモビリティ、日常生活のデータ等をどう連動させていくか、ディベロッパーの視点を学ぶ

講師:まちづくり関係企業の方を予定しています

10:40 コーヒーブレイク および参加者交流 <25分>
10:55

基調講演 <20分>

「モビリティを進化させるCross Industryのビジネスビジョン」

  • 自動車やインフラ、金融、メディア、資源など多様な事業領域を掛け合わせ、社会と暮らしに役立ち、収益力のある新しいモビリティ・ビジネスをどのように生み出せるか、その可能性を提示する

大森 真也氏
株式会社住商アビーム自動車総合研究所
代表取締役社長

11:20

パネルディスカッション <50分>

「次世代のスマートシティは暮らしとモビリティをどう変えていくのか」

  • 各企業の持つ技術やアイデア、データ連携などでどのような新しい未来を創り出すことができるのかを議論を通じてえがきだす

船田 学氏
株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門 都市・モビリティ デザイングループ 部長

大森 真也氏
株式会社住商アビーム自動車総合研究所
代表取締役社長

その他のパネリスト:株式会社日立製作所、自動車メーカーやまちづくり関係企業の方を予定しています

12:10

ランチブレイク および参加者交流 <65分>

※会場参加者にはお弁当をご準備いたします

Section 5: “地域のモビリティニーズにどう応えるか“
13:15

講演 <20分>

「鉄道会社が描き出すMaaSのその先」

  • 鉄道事業者がどのような移動の未来をイメージし、車やバス、タクシーなど他の移動手段との組み合わせでどう運用されていくのか、未来図を捉える

講師:鉄道事業者の方を予定しています

13:35

講演 <20分>

「クルマは地域の課題にどう寄り添うことができるのか」

  • クルマおよび自動車関連企業は、移動課題を抱える地域のモビリティサービスの担い手として、課題解決へどのような取組みが可能か考える

講師:自動車関連企業の方を予定しています

13:55

パネルディスカッション <60分>

「モビリティサービスが連動することで生まれる地域モビリティの足」

  • クルマや電車、その他のモビリティサービスがうまく連携することで、どのような新しい移動が可能になるかを議論する

パネリスト:上記の講師の方々に加えて、自治体関係者からの参加を予定しています

14:55

コーヒーブレイク <25分>

Section 6: “物流×MaaSがもたらすビジネス変革”
15:20

講演 <20分>

「車両や物流データ活用が変える世界」

  • 車両位置や積載物情報、配送ルート、物流センターなど多様なデータや技術活用によって、物流やモビリティ全体の効率化・快適性を実現できるかを考える

講師:商用車メーカー or 物流関係企業の方を予定しています

15:40

講演 <20分>

「モノの移動に生まれている新潮流」

  • 人の移動が制限される中で、貨客混載やタクシーによる配送など、車両を使ったモノの移動やサービスにどのような変化が起こっているのか、新動向を掴む

講師:物流関係企業 or テクノロジー企業の方を予定しています

16:00

パネルディスカッション <50分>

「物流×モビリティがどのようなビジネス変革を生み出すのか」

  • 貨客混載、宅配便との連携などによって、都市部・地方部に新しい形のビジネスモデルを生み出すことができるか、その可能性を議論する

パネリスト:商用車メーカー、物流関係企業、テクノロジー企業 他の方々を予定しています

17:00 終了